どーもー。広報のアマみゆきです♪

19時15分から「半澤三智丸と愉快な仲間達の漫画鼎談」をお送りいたしました。
本日のゲストは、アニメ「義風堂々‼」のプロデューサー 櫻井 晋さんにお越しいただきました。

今日はタイトルが「き」と「く」から始まる漫画です。

まずは「き」のつく漫画。

半澤さんは「金魚屋古書店」です。
この作品は、国内外を問わず膨大な数の漫画古書を取り扱う『金魚屋古書店』を舞台に、漫画本にまつわる人間ドラマを描くという作品です。

続いては稲垣さん。紹介してくれた漫画は「銀の匙」です。
この作品は、農業に従事することを目指す農家の子供が多く通う学校に通う八軒勇吾は、他の生徒たちの多くが明確に将来の夢を持つ中、1人だけ何も夢を持っていないことに焦燥を感じ始め、ここでの生活を通して八軒の青春の日々を描いた作品です。

そしてゲストの櫻井さんの「き」は、もちろん「義風堂々‼」です。
原作が原哲夫さんと堀江信彦さん、そして作画が武村勇治さんによる日本の作品です。
こちらは『花の慶次』のスピンアウト作品にあたります。同作で作画を担当した原さんが描き切れていなかったと語る前田慶次の莫逆の友・直江兼続の物語です。
7月からはアニメもスタートして益々ファンが増えてきていますね。

次は「く」のつく漫画。

半澤さんは「グーロンフィーユ」。
この漫画は、生まれついての「乾燥ワカメ髪」のせいで、キモワルがられる若井寛造。完全に青春をこじらせた少年は、新天地で不思議な少女と巡り合う。穂刈ノエミ、彼女もまた「人と触れることができない」悩みを持つ特異体質の持ち主だった‥‥! 「乾燥ワカメ怪人」と「帯電少女」。二人の出逢いは運命!? それとも‥‥。という作品です。

続いて稲垣さんは「くーねるまるた」という漫画を紹介してくれました。
こちらの作品は料理、食事と、お金を使わない安上がりな楽しみをメインテーマとした漫画です。
最後にゲストの櫻井さんの「く」は「黒執事」です。
舞台はイギリス。名門貴族の執事セバスチャン・ミカエリス。そして暗い過去を持つシエル。シエルの過去や事件などをセバスチャンとシエルが解いていく!という作品です。

 

本日も面白そうな漫画がたくさん紹介されました。
皆さんも読んでみたくなった1冊があったのではないでしょうか?

それでは次回も「半澤三智丸と愉快な仲間達の漫画鼎談」をお楽しみに!!

m

 

Posted in レギュラー番組, 漫画鼎談
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る